トップページの例

メインビジュアル

「メインビジュアル」とは、サイトに訪れたときに最初に見える大きな画像のことです。
メインビジュアルを決めるときに重要なことは2点です。
1.このページを見てほしい人の人物像
(性別は?何歳?どんなことに興味がある?)に合った画像を選ぶ
2.商品・サービス内容がわかる画像を選ぶ

キャッチコピー

キャッチコピーはページを訪れた人の心を掴む、商品やサービスの魅力を伝える言葉です。
(最大100文字程度で考えましょう)

サービス紹介

トップページで、サービスの機能をすべて紹介する必要はありません
機能一覧などの詳細は、別途サービスページで紹介すればOKです。
トップページでのサービス紹介は
「気になるところを、つまみ食い的に読んで納得してもらう」
「さらに知りたいと思ってもらう」ことが目的です
魅力的なメイン機能について、わかりやすく、見やすく紹介しましょう。

サービス1

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。

サービス2

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。

サービス3

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。

導入事例

商品・サービスを実際に購入したユーザーの声を紹介します。キャッチコピーで「変化」、導入メリットで「結果」を伝えても、どちらも書き手の一方的なメッセージです。「本当にそうなの?」という疑問を持たれているかもしれません。そういった不安に対して、自分と同じ悩みを抱えた人が「どう変わっていったのか」、「 解決してどうなったのか」を伝えることで、根拠と安心感を与えることができます。

導入事例

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入

導入事例

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入

導入事例

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入

導入事例

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入

最新ニュース

商品・サービスに関連するニュースを掲載します。
ニュースページを別で作成し、そこから新着何件かを
トップページに表示するというパターンが多いでしょう。
ニュースを表示するメリットは「商品・サービスが更新されている印象を与えられる」ことです
逆に、更新されずに古い情報のままになっていると、サイトへの信頼感を失ってしまう危険もあるため、作業時間の都合などで更新が難しい場合は、このパートを設置しないという選択肢もあります。

記事

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入

記事

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入

記事

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入

CTA

CTAは「Call To Action(コール・トゥ・アクション)」の略で、
Webサイトの訪問者を具体的な行動に誘導することを指します。
お問い合わせボタン・資料請求ボタンなどがそれに当たります。